ターンオーバーの仕組み

ターンオーバーの改善に有効なアンチエイジング成分・シミ、しわは絶対にあきらめないで!アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen

 

ターンオーバーが行われている表皮は、皮膚のもっとも表面にある部分で、基底層、表皮細胞、角質層と層になっています。

 

0.02o位の厚さしかありませんが、20〜30%の水分が保持され、バリアのように肌を守って、外の刺激を防いだり、水分の蒸発を防いだりしています。

 

表皮細胞
基底層で生み出された細胞がだんだん押し上げられ、層になっていきます。古くなると角化して角質細胞になる、その手前の生きている細胞です。外的な刺激を神経に伝える、アレルギー反応をおこす生きた臓器です。

 

基底層
基底膜を通し、真皮の血管から栄養や酸素を受け取って、細胞分裂し、新しい表皮細胞を生成しています。紫外線に反応してメラニンをつくるメラノサイトもあります。

 

基底層で作られた表皮細胞が層となって重なり合います。あたらしい表皮細胞の下に、さらに新しい表皮細胞が積み重なり、表皮細胞を古いものほど上に押し上げていきます。古くなって角化し、角質層の一番上、表皮の表面に達するとアカとなって剥がれ落ちます。

 

これがターンオーバー。新しい表皮細胞と古くなり角化した表皮細胞が入れ替わることで肌の若返りを繰り返しています。

 

ターンオーバーは睡眠中に行われています。これは、睡眠中は脳の活動が休止するので、脳に血液をたくさん送る必要がなく、皮膚や内臓などに血液がいきわたるためです。

 

肌にとっては、睡眠不足は重大な影響を与えます。睡眠不足は肌のターンオーバーが滞り、老化を加速させることにもなります。食事に気を遣ったり、スキンケアに時間をかけるより、まずは睡眠を十分にとることが肌の若返りにとっては重要なことだといっても良いくらいです。

 

だからと言って、寝だめをしても意味はありません。一度にたくさん寝ても、ターンオーバーはまとめては起こりませんし、かえってリズムを崩してトラブルのもとになりかねません。

ターンオーバーの遅れと老化

基底層で表皮細胞が生まれ、角化してアカとなり剥がれ落ちるまでのサイクルは、20代で約28日間です。このサイクルが加齢とともにだんだん遅れだし、40代では約40日になるとも言われています。肌の老化です。

 

ターンオーバーの速度が落ちてくると、新しい表皮細胞の生成もおくれ、表皮が薄くなる一方で角質層がどんどん厚くなっていきます。新で角質化した細胞の層が厚くなるので、肌がゴワゴワして硬くなり、くすみが出てきます。

 

肌の再生が遅くなるわけですから、シミが残ったり、ニキビが治りにくくなったりします。

 

肌のバリアを作っている表皮が傷つくことで、外部の刺激を受けやすくなったり、水分が蒸発して保水力が落ちて乾燥したりします。肌が乾燥すると皮脂の分泌が活発になり、ニキビの原因ともなります。

 

紫外線B波(UV-B)による日焼けも表皮にダメージを与えます。メラニンが過剰に生成され、シミの原因にもなります。また紫外線によるフリーラジカルのダメージから肌を守ろうと、ターンオーバーが異常に早くなり、基底層で未熟な表皮細胞がどんどん生成され、肌バリアを崩してしまいます。

 

紫外線は浴びないのが一番ですが、0にすることは不可能ですので、なるべく浴びない工夫やUVケアをしっかりすることが大切です。

 

肌の代謝を高めたり、肌の保湿力を高めることでターンオーバーを正常に保ち、潤いのある肌に若返りをしていきましょう。

 

→ さらに肌の保湿力UPについて、もっと詳しく読む